デントリペアとは

デントってなに

大切な愛車に知らないうちについてしまった凹みに気が付いたことはございませんか?車のボディに出来た小さなへこみの事をデントと呼びます。
一口にデントといっても、その凹みの種類は多種多様です。当たったものや衝撃の強さによってサイズや形状、深さは様々です。
一般的に、隣に駐車していた車のドアが当たってできる1cm~5cmくらいの凹みを多くデントと呼び、デントリペア修復法でとてもきれいに修理できます。

 

デントリペアとは

近年になってアメリカから上陸した最新の自動車特殊板金技術をデントリペアと言います。
デントリペアとは、車に出来た小さな凹みを復元する画期的修復法です。 正式名称を【ペイントレス・デントリペア】と言い、その名の通り従来の板金や再塗装をすることなく数十分程度で修復してしまう技術を呼びます。
凹みを裏側から専用特殊工具で丁寧に押し戻すことにより、歪みまでコンロトールしとても早く綺麗に直せるのが特徴です。塗装しないで修復することにより、とても早く綺麗に、そしてお安くご提供することが出来ます。


デントリペアの工法

デントリペアは数十本の特殊専用ツールを使い分け、車のボディにできた凹みの裏側からゆっくり丁寧に押し上げることで、塗装することなく短時間で安価に、とても綺麗に仕上げることができます。
その仕上がりは査定士が見ても発見することが出来ない程で、近年自動車業界でなくてはならない存在になり始めております。

 


修復できるパネル

ドアパネル

一番多くの依頼があるパネルです。ほとんどのケースで車の内装をバラさずに修復できるため作業時間も短くすみます。.

 

フロントフェンダー

パネル内部に補強などが少ないため比較的、修復作業が楽なパネルです。難易度の高いへこみや大きなサイズの凹みも修復しやすいパネルです。


ボンネットフードにできた凹み

飛び石やボンネットの開閉時に凹みが出来てしまうことが多いパネルです。板金塗装だと部分塗装で格安補修できないパネルですが、狭い骨の中でもピンポイントで修復でき、デントリペアがとても有効なパネルです。


ルーフにできた凹み

雹害の車もデントリペアで修復できます。内貼りの脱着などかなり手間のかかるパネルで作業時間は比較的長くかかります。板金塗装の場合、補修歴や事故歴がついてしまう部分ですのでデントリペアはとても有効な修復手段です。


リアフェンダーにできた凹み

アクセス難易度は高めです。ほとんどの場合で内装の脱着が必要になります。作業時間はほかのパネルと比べ長くかかります。


トランクにできた凹み

追突時にへこんでしまった等、重度の凹みの依頼が多いパネルです。施工の不可の判断は無料で見積りいたします。一度お問い合わせください。


 

出張エリア

出張エリアのご案内

兵庫県
神戸市東灘区、灘区、中央区、兵庫区、長田区、須磨区、垂水区、北区、西区、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市、明石市、加古川市

 

※ その他の地域に関しましても、お気軽にお問合せ下さい。